知っておきたい信用取引のルール。これさえわかれば怖くない!?

2016年3月12日

そもそも信用取引って何?

信用取引と聞いて、その取引の仕組みを具体的に説明できる方は少ないのではないでしょうか。日本の学校教育では、金融の取引システム自体は勉強しませんので、実際に取引をしてみないと分からないことが多々あります。では、信用取引とは何なのでしょうか?簡単に 説明すると100円で300円の買い注文が出せる取引ということです。つまり、実際に必要な金額よりも少額で買い注文や売り注文が出せる取引のことを信用取引といいます。

信用取引のメリットとデメリットとは?

信用取引とは、実際に注文に必要な金額よりも少額で注文が出せる取引のことです。この取引のメリットとデメリットは 表裏一体です。つまり、実際に必要な取引額よりも少額で取引ができるため、大きな利益が望めます。しかしその反面、大きなリスクもあるため、損失も大きくなるというデメリットがあります。このため、実際に投資できる金額よりもはるかに大きな金額の取引をする場合は、大きな損をする可能性もあるため、特に注意が必要なのです。

最もハードルの低い信用取引とは?

日本において一般人でも、取引に参加できる信用取引はいくつかありますが、インターネットが普及し、パソコンが一家に一台ある昨今、信用取引もインターネットでのネット取引が主流になってきています。そんな中、主婦やサラリーマンなどに人気の信用取引が、外国為替信用取引です。インターネットで簡単に注文が入れられるということで、取引の手数料自体も安くなり、また、外国通貨の取引なので、24時間取引が可能なため、日本では人気の取引だと言えます。

信用取引とは自分の信用を担保に、実際に預けている金額以上の取引ができることです。株取引では買うだけではなく売るポジションをとることもできます。