クレジットカード利用における審査!!把握して備える

2016年8月24日

クレジットカードの審査方法

クレジットカードは分割払いで大きな買い物をしたり、現金を持っていなくても支払いできたり、インターネットショッピングなどの支払いを快適に行う事ができるため便利です。しかし、契約のためには審査が必要であり、そのための審査方法を知っておかなければ不都合な結果になる事もあるかもしれません。クレジットカード契約時の審査方法を把握してそれに備える事で、円滑な契約を行う事ができその後の有効利用を可能にしますので、把握しておきましょう。

在籍確認と書類審査を使い分ける

クレジットカード審査における基準としては、返済能力があるのかと言う点が重視される事の一つです。クレジットカード会社が支払いを代行して引き受け、利用者に後でその代金を請求するものですので返済してもらえない場合には、大きな損をする事になるでしょう。それを避ける意味でも審査で返済できるだけの収入を得ているかを確認します。その確認方法は書類などにより確認する方法や会社への在籍確認などが挙げられ、利用限度額が少額の場合には在籍確認のみで終了する事もあるかもしれません。

在籍確認のリスクと対処

クレジットカードにおける在籍確認は働いている会社への電話などの手段が用いられ、分からないようにする配慮をしてくれますが、確認する方によっては会社に分かってしまう危険性もあると言えます。そのような状況になる事を避けたい方は、書類のみで確認できないのかをクレジットカード会社に確認しておくのも一つの方法です。クレジットカード会社によっては応じてくれる事もあり、人に知られるリスク軽減のためにも検討してみると良いかもしれません。

クレジットカードの審査はデータベースの照合と信用情報の照会が主な内容です。この流れは自動化されていますがシステムで判断できない時には審査員による内容確認が行われます。